ホーム個人線量測定サービス>環境線量測定サービス  
 
    X線撮影装置や放射性同位元素等を使用している医療施設では、放射線業務従事者の作業中の個人
   被ばく線量の測定の他、医療法施行規則第30条の22に基づき6ヶ月毎に放射線施設の放射線漏洩測定
   (以下、環境線量測定という)が義務づけられています。

    環境線量測定を行う場合は、サーベイメータを使用した直接測定が一般的ですが、
    この場合、
    @環境線量測定検査日の調整
    A環境線量測定検査時におけるお客様の装置の運転作業が発生
    B施設の停止等による業務への支障
    C作業員の作業費、測定費等の負担(コスト高)
   等が発生し、お客様への負担、日常業務の遂行に支障が生じてしまいます。

    そのため弊社では、TLDを使用した環境線量測定サービスをご提案させて頂いております。
   本サービスはサーベイメータによる直接測定とは違い、施設壁面にバッジを1ヵ月間貼りつけて測定
   を行うものであり、お客様への負担を無くし、日常業務における放射線状況をより正確に把握するこ
   とができます。

    本サービスに申込みをご検討されているお客さま、または、サービスの詳細やご不明な点等がござ
   いましたら何なりとお問い合わせください。ご説明させていただきます。
    またメールでも各種お問い合わせを承りますので、ご利用ください。

    お客様の放射線環境に合わせた適切な管理方法の助言や指導ご提案をさせて頂きます。



   

 

 

 

 

   
 
| 個人情報保護方針 | 品質方針 |
Copyright (C) Sangyo-tec Co.,Ltd.All Rights Reserved